会社案内

Company

会社概要

会社名
博興建設株式会社
所在地
〒264-0035
千葉県千葉市若葉区東寺山町329
代表者
代表取締役 佐藤 茂
電話番号
(043)251-4812
FAX番号
(043)253-0059
創業
昭和43年(1968年)2月15日
資本金
2,000万円

MAP

従業員数
44名
施工管理技術者(土木9名・建築5名) 14名
一級土木施工管理技士 2名
二級土木施工管理技士 7名
一級建築士 2名
二級建築士 1名
一級建築施工管理技士 3名
二級建築施工管理技士 2名
現場技能者(社員) 27名 事務 3名
職長資格修了 17名
軌陸車運転 10名
車両系建設機械 13名
足場の組立等 6名
土止め支保工 6名
地山掘削 6名
型枠支保工 7名
アーク溶接・ガス 14名
現場技能者稼働人員(社員27名+協力会社4社26名) 53名
工事業種
建築/土木/とび・土工/菅工事/舗装工事業 千葉県知事 許可(特-29)、(般-29)第1938号

沿 革

昭和43年02月15日
【創  業】博興建設有限会社
【資本金50万】千葉市若葉区にて一般工事請負及び施工を始める
昭和60年10月28日
【資本金変更】500万に増資
昭和61年02月10日
【商号変更】博興建設株式会社
平成04年02月20日
【資本金変更】1000万に増資
平成15年05月08日
【本店住所】千葉市若葉区東寺山町329番地に移転土木工事業・建築工事業・舗装工事業・他
平成16年02月23日
【代表取締役変更】佐藤 茂 代表取締役に就任
平成22年09月01日
【本店住所】千葉市若葉区みつわ台3-16-4に移転
平成23年06月30日
【資本金変更】2000万に増資
平成29年10月27日
【本  店】新社屋完成
平成30年04月01日
【本店住所】千葉市若葉区東寺山町329番地に移転

行動指針

1
資源を大切にし、物を大事に使いムダを省きます。
大切に扱うことにより、寿命を永らえ、循環型の社会に貢献します。
2
顧客感動へ、更に顧客の喜びを目指します。
態度・行動をきちんとし、適正価格で高品質な一歩進んだサービスを提供します。
3
何事にも安心で安全な活動を第一に行動します。
無事故無災害を心がけ、安心できるサービスを提供します。

CSR

博興建設のCSR

  • 「経営」:品質向上の務め、施工現場における環境影響の低減、施工現場における労働安全衛生活動の推進
  • 「環境」:地球環境への取組、グリーン調達
  • 「社会」:雇用を確保・創出、雇用の多様性への取組、地域社会への貢献

安全衛生に関する取り組み

安全衛生方針」を掲げるとともに、建設事業をはじめとする当社企業活動全般の安全衛生向上に努めています。また、協力会社・職長・作業員との連携を重視し、特に作業所における安全衛生向上のために徹底すべき事項を、日々の作業打合せでの唱和など日常的な安全確認に役立てています。

1)リスクの把握
業務に関連するリスクアセスメントを実行し、災害事故の防止に努めます。
2)重点実施項目の設定
① 公衆災害、死亡災害、重大災害の絶滅
② 墜落、転落災害の低減
③ 建設機械・クレーン等災害の低減
④ 崩壊、倒壊災害の低減
3)心身の健康の保持増進
当社の全従業員および建設工事に関わる人々の健康を促進し、ストレスの無い職場を形成します。
3)法規制等の順守
労働安全衛生関係法令等および社内規程を明確にして順守します。

品質向上に関する取り組み

当社は、提供する製品(土木構造物・建築物)の品質を保証し、顧客満足の向上をめざした施工に努めます。

環境への配慮

当社は、汚染の予防及び環境保護に努め、環境と経済を両立させた「持続可能な社会」の実現に向けて環境配慮経営を推進します。

1)重点実施項目の設定
① 環境保全活動および環境負荷低減活動の推進・大気・土壌・水質の汚染防止
・騒音、振動、粉塵の発生抑制
・温室効果ガス、建設副産物の排出抑制
・資源、エネルギーの有効利用
② 環境技術の開発・高度化、活用の推進
③ 地球・地域環境に配慮した設計の推進
④ 事業活動全般をとおして、地域への貢献
2)環境配慮推進体制の充実
環境に対する社会ニーズの高度化に対応するため、環境配慮推進体制をより充実させていきます。

働きがいのある組織づくり

当社は、汚染の予防及び環境保護に努め、環境と経済を両立させた「持続可能な社会」の実現に向けて環境配慮経営を推進します。

  • 1)個人のやりがい(働きがい)を高めるための最低限の条件である、人権の尊重はもとより、雇用環境の充実や多様性の推進、人材育成にもさまざまな角度から取り組んでいます。
  • 2)自ら考え的確に行動できる自立型人材」「専門能力とプロ意識を持つ人材」の育成を目指しています。
  • 3)外国籍社員を継続的に採用しており、外国籍社員が抱える悩みや課題、要望事項等を把握するために座談会や学習会を開催しています。
  • イメージ1
  • イメージ2
  • イメージ3

地域社会との関わり

AEDの設置や地域清掃を通じ、地域や社会とよりよい関係を築きながら、真に価値ある企業として更なる成長をめざしていきます。
2018年9月 AED普及協力事業所表彰

  • イメージ4
  • イメージ5
  • イメージ6

pagetop